前回の記事の続きです。
前回の記事:JR北海道フリーパスの旅(2018.3.29)4日目 その28〜宗谷本線普通列車の旅(3)豊清水駅のボットントイレ


関連記事:過去の宗谷本線の旅行記


どうも、およそ1月ぶりのご無沙汰です
マイペースな更新となっていますが、久方ぶりに旅行記の続きを書かせていただきます。


DSC05623

DSC05617
9:05、列車は音威子府に到着し、およそ3分間停車のあと・・・
DSC05628
再び稚内方面へと向かいます。

DSC05633-t
宗谷本線の沿線には小動物が生息しているようで、こちらはエゾシカでしょうか?
カメラに捉えることができました!

DSC05642
音威子府を越えたあたりから宗谷本線の旅も後半にさしかかろうとしています。

DSC05647
乗客数もだいぶ落ち着いてきました。
それでも、18きっぷのシーズンということで、始発の旭川から乗り通している乗客は僕以外にも10人以上居てまして、おそらくは普段よりも賑わいをみせているようです。

DSC05654

DSC05660
比較的大きな駅舎を持つ佐久駅です。
調べたところ、平成初期に駅舎が建て替えられたようです。
当時は急行列車の停車駅であったため、他の駅のような簡易駅舎ではなく、立派な駅舎となっているようですが、2010年代以降の乗降客数は4人程度となっています。(Wikipedia調べ)

DSC05678
2014年頃リニューアルされた天塩中川駅です。
こちらは現在もすべての特急列車が止まる中川町の中心駅ですが、こちらも乗降客数は10人前後と、特急停車駅にもかかわらず、利用者数はかなり低くなっています。(Wikipedia調べ)


DSC05686

DSC05692
車掌車を再利用した簡易駅舎の問寒別駅です。
外壁にパネルが設置されていて、見違えるほどキレイに保たれています。

DSC05699
板張りのホームが今も残る糠南駅です。
どうやら近年、ホームの板を張り替えたようで、こちらもキレイになっています。

DSC05702
糠南駅名物のヨド物置の待合室も健在です。

DSC05700
糠南駅といえば、とある鉄道ファンの有志の方の呼びかけで糠南駅前クリスマスパーティーが行われ、地元の方々の協力もあって2015年から毎年開催されて、年を重ねるごとに全国からの参加者も増えて、幌延町全体で盛り上がるまでになりました。

2017年頃に糠南駅が廃止される危機が訪れますが、上記のイベントが成功したおかげで幌延町も観光資源として価値があるとして、2021年現在は幌延町によって維持管理がされています。


糠南駅前クリスマスパーティーに関する関連記事



糠南駅前クリスマスパーティーに関する関連動画




DSC05705
さて列車は、天塩川沿いの絶景を走ります。

DSC05711
最後尾から撮った天塩川沿いの線路です。

DSC05723
木造駅舎が残る雄信内駅です。
こちらも存続が危ぶまれていて、2021年現在は幌延町による維持管理となっていますが、これから先はどこまで維持できるかはわからないようです。

DSC05729
雄信内は列車交換可能となっています。

DSC05740


DSC05743
昔ながらの板張りのホームが残る南幌延駅です。

DSC05747

DSC05748
こちらは車掌車改造によるダルマ駅舎の上幌延駅ですが、
残念ながら利用客が1名以下ということもあり、2021年3月に廃止となりました。

DSC05754
おそらくは無人となった建物でしょうか。
屋根が押しつぶされています・・・。

DSC05758
建物や人家が見えてきました。
幌延町の中心地へとやってきました。

DSC05767
10:31頃、幌延に着きました。
およそ20分間の停車となります。

つづく。

次の記事へ続きます。
次の記事:JR北海道フリーパスの旅(2018.3.29)4日目 その30〜宗谷本線普通列車の旅(5)幌延駅のトイレをご紹介



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いま行っておきたい秘境駅 [ 牛山 隆信 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/4/19時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JR北海道宗谷本線「紋穂内」キーホルダー 電車グッズ
価格:1419円(税込、送料無料) (2021/4/19時点)




↓こちらは、当ブログがお世話になっているサイトでございます。
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ